ピナイダー


1774年、創業者フランチェスコ・ピナイダーは、フィレンツェの中心街、シニョーリア広場(当時のグランデュカ広場)の一角にピナイダーの看板を掲げ、第1号店を開店しました。
当時、フランチェスコはアングロサクソンやゲルマン人の印刷技術を初めてイタリアに持ち込みました。
彼のアート印刷の技術は高く評価され、レリーフや家紋、手描きのモノグラムやフィレンツェの美しいモチーフなどのプリントと共にラグジュアリープリンティング、ファインペーパーへの多くの需要を生み出しました。
1800年代、ブルジョア階級の人々にとって、フィレンツェは旅行の最終目的地であり、この地を訪れた多くの政治家、財界人、文化人がピナイダーのアイテムに魅了されていきました。
当時の常連客には多くの歴史的人物が名を連ねます。19世紀後期、紙製品や革製品に加えて万年筆などの上質な筆記具も手掛けるようになりました。
2001年、ジェノバで開催されたG8主要国首脳会議においては、ピナイダーの製品が採用されました。

 限定品「ハニカム ブラックプリンス」 ペン先:14金ハイパーフレックスニブ・ローズゴールドコーティング F・M コンバーター式 価格:¥110,000(税別) 世界限定888本 再入荷しました!

 限定品「ミステリーフィラー ブラックルシアン」 ペン先:14金ピストン吸入式 価格:¥105,000(税別) 限定888本 お問い合わせください。

 限定品「アルコ」 ペン先:14金ピストン吸入式 価格:¥95,000(税別) 限定888本 お問い合わせください。

 「ラ・グランデ・ベレッツァ・ジェームストーン」 ラピスブルー・タイガーイエロー・マラカイトグリーン・ロードライトレッド・ブラックストーン・ヘタマイトグレー 
ペン先:14金 EF・F・M・B価格:¥60,000(税別)